就職活動中に産業別で免許・資格・経験を調べていたら毒物劇物取扱者と書いてある求人が少しですがあったので、就職活動が有利になりそうな資格なのか調べてみました。

このページには

  • 毒物劇物を取り扱うのに必要な資格
  • 取り扱うことができる毒物劇物の種類と業種
  • 受験資格
  • 資格取得に必要な試験
  • 全国合格率
  • 準備講習受講料

などが書いてあります。

毒物劇物を取り扱うのに必要な資格

毒物劇物を取り扱うのに必要な資格が3つあります。

  • 薬剤師
  • 厚生労働省令で定める学校で、応用化学に関する学課を修了した者
  • 都道府県知事が行う毒物劇物取扱者試験に合格した者

です。
この3つのうちの毒物劇物取扱者試験について書いていきます。

毒物劇物取扱者試験には3つの種類があります。

  • 一般
  • 農業用品目
  • 特定品目

簡単な違いは取り扱うことができる毒物劇物の種類業種です。

取り扱うことができる毒物劇物の種類と業種

取り扱うことができる毒物劇物の種類と業種
種類 対象毒物劇物 業種
一般 すべて 製造業・輸入業・
販売業・業務上取扱者
農業用品目 農業用品目のみ 輸入業・販売業
特定品目 特定品目のみ 輸入業・販売業
毒物劇物の種類と業種早見表
種類 製造業 輸入業 一般
販売業
農業用品目
販売業
特定品目
販売業
業務上
取扱者
一般
農業用品目 × × × ×
特定品目 × × × ×

毒物劇物取扱者【受験資格】

毒物劇物取扱者の受験に条件はなく、だれでも受験することができますが、
欠格事項の該当者は試験に合格しても、欠格事項の該当が消滅するまでは毒物劇物取扱責任者になることができません。

欠格事項

  • 18歳未満の者
  • 心身の障害により、毒物劇物取扱責任者の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの
  • 麻薬、大麻、あへん、覚せい剤の中毒者
  • 毒物若しくは劇物又は薬事に関する罪を犯し、罰金以上の刑に処せられ、その執行を終り、又は執行を受けることがなくなつた日から起算して3年を経過していない者

毒物劇物取扱者【資格取得に必要な試験】

毒物劇物取扱者の試験は、各都道府県が年1回実施していて、
試験日程、試験方法、試験問題などは各都道府県によって違うので一例を書いておきます。

受験料は10,000円から13,000円です。

筆記試験内容

  • 毒物・劇物に関する法規
  • 基礎化学
  • 毒物・劇物の性質及び貯蔵・その他取扱方法

実地試験

  • 毒物・劇物の識別及び取扱方法

※実地試験となっていますが、実地試験を筆記試験で行っているみたいです。
厚生労働省のページに
毒物又は劇物を直接に取り扱う方法によるものかどうかを問わないものである。
と書いてありました。

試験時間は90分から120分と都道府県で違いました。
(各受験科目でも違いがありました。)

毒物劇物取扱者【試験全国合格率

各都道府県で公表している合格率です。
公開されていない府県もあります。

各都道府県で試験難易度の違いもあるみたいです。

一般試験全国合格率

毒物劇物取扱者一般試験全国合格率
都道府県 受験者数 合格者数 合格率
北海道 304人 122人 40.13%
宮城県 218人 55人 25.23%
山形県 88人 28人 31.82%
福島県 326人 104人 31.90%
茨城県 411人 128人 31.14%
栃木県 275人 147人 53.45%
埼玉県 1123人 487人 43.37%
千葉県 560人 307人 54.82%
東京都 748人 406人 54.28%
新潟県 274人 84人 30.66%
富山県 109人 48人 44.04%
長野県 452人 151人 33.41%
岐阜県 190人 43人 22.63%
愛知県 586人 319人 54.44%
滋賀県 257人 119人 46.30%
大阪府 663人 401人 60.48%
岡山県 288人 97人 33.68%
広島県 187人 81人 43.32%
愛媛県 105人 32人 30.48%
宮崎県 214人 57人 26.64%
沖縄県 139人 31人 22.30%

農業用品目試験全国合格率

毒物劇物取扱者農業用品目試験全国合格率
都道府県 受験者数 合格者数 合格率
北海道 462人 158人 34.20%
宮城県 109人 8人 7.34%
山形県 102人 23人 22.55%
福島県 143人 26人 18.18%
茨城県 10人 3人 30.00%
栃木県 45人 12人 26.67%
埼玉県 185人 27人 14.59%
千葉県 163人 40人 24.54%
東京都 96人 28人 29.17%
新潟県 224人 69人 30.80%
富山県 74人 12人 16.22%
長野県 3人 0人 0.00%
岐阜県 7人 1人 14.29%
愛知県 283人 133人 47.00%
滋賀県 93人 16人 17.20%
大阪府 110人 50人 45.45%
岡山県 104人 15人 14.42%
広島県 212人 39人 18.40%
愛媛県 177人 32人 18.08%
宮崎県 12人 2人 16.67%
沖縄県 25人 5人 20.00%

特定品目試験全国合格率

毒物劇物取扱者特定品目試験全国合格率
都道府県 受験者数 合格者数 合格率
北海道 18人 5人 27.78%
宮城県 20人 4人 20.00%
山形県 6人 2人 33.33%
福島県 6人 1人 16.67%
茨城県 3人 0人 0.00%
栃木県 8人 4人 50.00%
埼玉県 31人 6人 19.35%
千葉県 5人 1人 20.00%
東京都 7人 5人 71.43%
新潟県 3人 0人 0.00%
富山県 2人 0人 0.00%
長野県 3人 3人 100.00%
岐阜県 7人 3人 42.86%
愛知県 5人 2人 40.00%
滋賀県 4人 4人 100.00%
大阪府 2人 0人 0.00%
岡山県 8人 2人 25.00%
広島県 3人 0人 0.00%
愛媛県 2人 0人 0.00%
宮崎県 4人 1人 25.00%
沖縄県 2人 0人 0.00%

毒物劇物取扱者【準備講習受講料】

毒物劇物取扱者試験に向けた受験準備講習会を開催している機関があります。
受講料は開催機関で違います。
受講料を調べたのを書いておきますので目安にしてください。

毒物劇物取扱者準備講習
コース 日程 開催機関A 開催機関B 開催機関C
6時間~ 1日~5日 22,000円 30,000円 54,000円

講習日数、講習時間、受講人数などで料金が違い、合格するまで何度でも講習可能やWEBセミナーなどもありました。

開催機関によってテキスト代が含まれていなかったり、講習内容に違いがあったので、契約前に確認や比較をした方が良さそうです。

講習を受けずに独習による資格取得者も可能みたいです。
(過去問題を公開している都道府県もあります。)

最後に

短期間、低価格で取得できる資格だと思いますが、そこまで就職・転職に有利になる資格ではないみたいです。
また、各都道府県で1年に1回の実施となっているのでタイミングが必要になってきます。

どこの都道府県でも受験が可能なので1年に数回の受験をすることも可能ですが、地域によっては近県合同で同日に実施しているところもあるので、住んでいる地域によっては1年に1回の機会しかない場合もあります。

自分の就職活動に合わせて検討したほうが良いと思います。