就職活動中に産業別で免許・資格・経験を調べていたら、カラーコーディネーター・色彩検定と書いてある求人があったので、就職活動が有利になりそうな資格なのか調べてみました。

このページにはカラーコーディネーター試験・色彩検定・色彩士検定の

  • 等級の違いと比較
  • 合格率比較
  • 試験開催地
  • 資格取得者向講習

などが書いてあります。
※カラーコーディネーター検定試験は2020年6月から全面改定があるみたいです。

色や色彩の知識を証明するのに必要な資格

色や色彩の知識を証明するのに必要な資格が3つあります。

  • カラーコーディネーター検定試験®
  • 色彩検定
  • 色彩士検定

です。

簡単な違いは主催団体と等級です。

  • カラーコーディネーター検定試験の主催は東京商工会議所
  • 色彩検定の主催は色彩検定協会
  • 色彩士検定の主催は全国美術デザイン教育振興会

です。

色、色彩の資格名称と主催団体
資格名称 主催団体
カラーコーディネーター検定試験 東京商工会議所
色彩検定 色彩検定協会
色彩士検定 ADEC 全国美術デザイン教育振興会

です。

  • カラーコーディネーター検定試験は1級、2級、3級
  • 色彩検定は1級、2級、3級、UC(色のユニバーサルデザイン)級
  • 色彩士検定は1級、2級、3級、4級
色、色彩の資格名称と等級
資格名称 等級
カラーコーディネーター検定試験 1級、2級、3級
色彩検定 1級、2級、3級、UC級
色彩士検定 1級、2級、3級、4級

です。

資格の取得に必要な試験比較

カラーコーディネーター検定試験、色彩検定、色彩士検定の試験内容の違いです。

3級の試験内容の違い

3級の試験内容の違いと比較です。

色、色彩の資格3級の試験内容の違いと比較
カラーコーディネーター
検定試験
色彩検定 色彩士検定
受験
資格
なし なし なし
実施
時期
6月・12月 6月・11月 1月・9月
試験
方式
マークシート方式 マークシート方式 マークシート方式
合格
基準
70%以上 70%前後
問題の難易度により多少変動
理論問題と演習・実技問題
の合計60%
かつ、それぞれ50%以上
試験
時間
120分 70分 90分
検定料 5,340円 7,000円 5,500円

2級の試験内容の違い

2級の試験内容の違いと比較です。

色、色彩の資格2級の試験内容の違いと比較
カラーコーディネーター
検定試験
色彩検定 色彩士検定
受験
資格
なし なし なし
実施
時期
6月・12月 6月・11月 1月
試験
方式
マークシート方式 マークシート方式
(一部記述式)
多岐選択式
(非マークシート形式)
合格
基準
70%以上 70%前後
問題の難易度により多少変動
理論問題と演習・実技問題
の合計60%
かつ、それぞれ60%以上
試験
時間
120分 80分 120分
検定料 7,480円 10,000円 7,000円

1級の試験内容の違い

1級の試験内容の違いと比較です。

色、色彩の資格1級の試験内容の違いと比較
カラーコーディネーター
検定試験
色彩検定 色彩士検定
受験
資格
なし なし 色彩士検定2級合格者
実施
時期
12月 1次試験:11月
2次試験:12月
9月
試験
方式
マークシート方式
論述問題
1次:マークシート方式
(一部記述式)
2次:記述方式
(一部実技)
理論問題:多肢選択式
実技問題:プレゼンテーション作成
合格
基準
70%以上 70%前後
問題の難易度により
多少変動
理論問題と演習・実技問題
の合計75%
かつ、それぞれ70%以上
試験
時間
150分 80分 理論:90分
実技:120分
検定料 9,620円 15,000円
※1次免除者も同じ
20,000円
いずれか一方を合格
している場合10,000円

カラーコーディネーター検定試験の1級には3つの分野あり、1つの分野を選択します。

  • 第1分野「ファッション色彩」
  • 第2分野「商品色彩」
  • 第3分野「環境色彩」

UC級、4級

色彩検定UC級

色彩検定のUC級試験内容です。

色彩検定UC級の試験内容
受験資格 なし
実施時期 6月・12月
試験方式 マークシート方式
(一部記述式)
合格基準 70%前後
問題の難易度により多少変動
試験時間 60分
検定料 6,000円

色彩士検定4級

色彩士検定の4級試験内容です。

色彩士検定4級の試験内容
受験資格 なし
実施時期 web上でいつでも可能
試験方式 2者または3者択一
合格基準 80%以上
試験時間
検定料 無料

合格者には希望により4級合格の「証明書」を発行しています。
証明書発行料2,000円
色彩士検定4級のページはこちらです。

等級別合格率比較

等級別合格率比較です。

色、色彩の資格名称と等級別合格率の比較
資格名称 1級 2級 3級
カラーコーディネーター
検定試験 合格率
2019年度:36.1%
2018年度:37.1%
2019年度:41.9%
2018年度:35.1%
2019年度:69.9%
2018年度:58.5%
色彩検定 合格率 2018年度:42.9%
2017年度:35.6%
2018年度:67.4%
2017年度:64.9%
2018年度:74.9%
2017年度:73.6%
色彩士検定 合格率 理論:約22%
実技:約33%
約52% 約75%

※色彩士検定は正確な数値の公表がなく、グラフだったので目安になります。
※色彩士検定4級のデータはありませんでした。
※色彩検定のUC級2018年度:92.0%です。

試験開催地

色彩検定1級2次試験の受検地は札幌市・仙台市・東京23区・名古屋市・大阪市・福岡市の6エリア
※赤文字は2級3級のみ

都道府県 カラーコーディネーター 色彩検定 色彩士検定
北海道 函館 札幌 旭川 釧路
帯広 北見 登別
札幌市 釧路市 帯広市 札幌市
青森県 弘前 八戸市
岩手県 盛岡 盛岡市
宮城県 仙台 仙台市 仙台市
秋田県 秋田市 横手 秋田市
山形県 山形市 山形市
福島県 福島市 郡山 郡山市
茨城県 水戸 土浦 水戸市 土浦市
栃木県 宇都宮 大田原 佐野 宇都宮市 足利市
群馬県 高崎 前橋 桐生 太田 前橋市
埼玉県 川越 川口 さいたま
深谷 草加 春日部
上尾市 さいたま市
千葉県 船橋 木更津 市川 松戸
茂原 館山  習志野 佐倉
千葉市
東京都 東京(23区) 八王子 武蔵野
青梅 立川 府中市(東京) 町田
東京23区 江戸川区
渋谷区(3級のみ)
神奈川県 横浜 川崎 藤沢 茅ヶ崎
厚木 相模原
横浜市
新潟県 新潟市 上越 加茂 新潟市 新潟市
富山県 高岡 富山市
石川県 金沢 金沢市 金沢市
福井県 福井市 福井市
山梨県 甲府 富士吉田 甲府市
長野県 上田 長野市 松本 諏訪 長野市 松本市
岐阜県 岐阜市 大垣 多治見 恵那 各務原 岐阜市 多治見市
静岡県 沼津 富士 島田 掛川 藤枝 静岡市 浜松市
愛知県 名古屋 岡崎 豊橋 半田 刈谷
豊田 安城 津島 江南
名古屋市 名古屋市
(3級2級併願不可)
三重県 四日市 伊勢 松阪 伊賀市 四日市市
滋賀県 大津 近江八幡 守山 大津市
京都府 京都市 宇治 亀岡 京都市
大阪府 大阪市 高槻 岸和田 茨木
八尾 豊中 池田 枚方市 松原
大阪市 大阪市
兵庫県 神戸 姫路 明石 西宮
伊丹 加古川 宝塚
神戸市 神戸市
奈良県 奈良市 大和高田 奈良市
和歌山県 和歌山市 和歌山市
鳥取県 倉吉 鳥取市
島根県 浜田 松江市
岡山県 岡山市 倉敷 岡山市 岡山市
広島県 広島市 福山 広島市 広島市
山口県 防府 防府市
徳島県 徳島市 徳島市
香川県 高松 高松市
愛媛県 松山市
高知県 高知市 高知市
福岡県 福岡市 久留米 北九州 柳川 福岡市 北九州市
佐賀県 佐賀市 佐賀市
長崎県 長崎市 佐世保 諫早 長崎市
熊本県 熊本市 八代 熊本市
大分県 大分市 日田 大分市
宮崎県 宮崎市 延岡 小林 宮崎市
鹿児島県 鹿児島市 鹿屋 奄美大島 霧島 鹿児島市 鹿児島市
沖縄県 那覇 沖縄市 宮古島 浦添 那覇市 浦添市

主催者の開催している講習

資格取得者向けに主催者が開催している講習があります。

主催者の開催している講習
講習内容 費用
カラーコーディネーター
検定試験
全面改定前のため未開催
色彩検定 添削課題3回
修了試験問題1回
10,000円(講習)
3,000円(テキスト)
色彩士検定 3級対策講座 無料(講習)
3,500円(テキスト)

最後に

主催がセミナーや講座を開催していて取得しやすい資格だと思いますが、
資格の種類、等級、検定開催地、合格率、求職活動状況などから慎重に検討したほうが良さそうです。
※カラーコーディネーター検定試験が2020年6月から全面改定があるので、そちらも判断材料になるかと思います。

とりあえずは、色彩士検定4級が無料で受験できるので試してみてください。
色彩士検定4級のページ
数分で終わり、不合格でしたが楽しかったです。
ADEC色彩士検定4級の試験結果