就職活動中に産業別で免許・資格・経験を調べていたら、金属溶解技能士という資格があったので、就職活動が有利になりそうな資格なのか調べてみました。

このページには

  • 金属溶解技能検定 1級、2級の違い
  • 作業の種類
  • 資格取得に必要な試験
  • 受験・応募資格・開催日程・合格基準
  • 費用・試験科目
  • 合格率

などが書いてあります。

金属溶解に関する知識と技能を証明することができる資格

金属溶解に関する知識と技能を証明することができる資格があります。

  • 金属溶解技能士

です。
金属溶解技能士は、都道府県職業能力開発協会で開催している金属溶解技能検定に合格することで取得できます。

金属溶解技能検定は、金属加工関係の技能検定で1級、2級があります。
選択作業は鋳鉄溶解作業と鋳鋼溶解作業と軽合金溶解炉溶解作業の3つです。

金属溶解技能検定合格者には、作業環境測定士試験の受験資格
などの特典があります。
技能検定合格者の特典 技能士に付与される資格はこちらです。

  • 1級 鋳鉄溶解作業
    溶解計画作成、鋳鉄の顕微鏡組織判定、装入材料配合、操炉、炉前試験、キュポラ、誘導炉及びとりべの築炉・補修、溶解作業記録作成などの溶解作業に関する技能・知識と、併せて、金属溶解炉一般、材料試験、機械工作法、製図、電気、安全衛生、品質管理などに関する知識も含まれ、
    鋳鉄の顕微鏡組織判定などを含んだレベル
  • 2級 鋳鉄溶解作業
    溶解計画作成、鋳鉄の顕微鏡組織判定、装入材料配合、操炉、炉前試験、キュポラ、誘導炉及びとりべの築炉・補修、溶解作業記録作成などの溶解作業に関する技能・知識と、併せて、金属溶解炉一般、材料試験、機械工作法、製図、電気、安全衛生、品質管理などに関する知識も含まれ、
    鋳鉄の顕微鏡組織判定などが含まれていないレベル
  • 1級 鋳鋼溶解作業
    装入材料の配合、操炉、炉前試験、誘導炉及びとりべの築炉及び補修、溶解作業記録の作成に関する技能・知識と、併せて、金属溶解炉一般、品質管理、材料試験、機械工作法、製図、電気、安全衛生に関する知識も含まれ、
    溶解計画の作成(鋼の種類、品質及び溶解量に応じた操業条件の決定、溶解時間の見積り)、鋼の顕微鏡組織の判定ができるレベル
  • 2級 鋳鋼溶解作業
    装入材料の配合、操炉、炉前試験、誘導炉及びとりべの築炉及び補修、溶解作業記録の作成に関する技能・知識と、併せて、金属溶解炉一般、品質管理、材料試験、機械工作法、製図、電気、安全衛生に関する知識も含まれ、
    溶解計画の作成(鋼の種類、品質及び溶解量に応じた操業条件の決定、溶解時間の見積り)、鋼の顕微鏡組織の判定が含まれていないレベル
  • 1級 軽合金溶解炉溶解作業
    装入材料の配合、操炉、炉前試験、誘導炉及びとりべの築炉及び補修、溶解作業記録の作成に関する技能・知識と、併せて、金属溶解炉一般、品質管理、材料試験、機械工作法、製図、電気、安全衛生に関する知識も含まれ、
    溶解計画の作成(アルミニウム合金の種類、品質及び溶解量に応じた操業条件の決定、溶解時間の見積り)ができるレベル
  • 2級 軽合金溶解炉溶解作業
    装入材料の配合、操炉、炉前試験、誘導炉及びとりべの築炉及び補修、溶解作業記録の作成に関する技能・知識と、併せて、金属溶解炉一般、品質管理、材料試験、機械工作法、製図、電気、安全衛生に関する知識も含まれ、
    溶解計画の作成(アルミニウム合金の種類、品質及び溶解量に応じた操業条件の決定、溶解時間の見積り)が含まれていないレベル

1級金属溶解技能士の資格コードは5103
2級金属溶解技能士の資格コードは5104です。

大分類F 製造関連技能
中分類51 金属材料製造
免許・資格コード 免許・資格内容
5103 1級金属溶解技能士
5104 2級金属溶解技能士

資格取得に必要な試験

金属溶解技能検定イメージ画像

金属溶解技能検定は、実技試験と学科試験があります。
実技試験または学科試験のいずれか一方に合格した場合、次回以降の受検で免除を受けることができます。
(1級、2級なので有効期限はありません)
免除要件の詳細はこちらに書いてあります。

受験・応募資格・開催日程・合格基準

受験資格

金属溶解技能検定は、どの等級からでも受験をすることができますが、職業訓練歴、学歴、実務経験などで違いがあります。
技能検定試験の各等級の受検資格一覧表はこちらです。

金属溶解技能検定受験資格
受験対象者 必要となる実務経験年数
1級 2級
2級
合格後
実務経験のみ 2年 7年 2年
専門高校卒業
専修学校(大学入学資格付与課程限)卒業
6年 不要
短大・高専・高校専攻科卒業
専修学校(大学編入資格付与課程)卒業
5年
大学卒業
専修学校(大学院入学資格付与課程)卒業
4年
専修学校または
各種学校卒業
(厚生労働大臣が
指定したものに限る)
800時間以上 6年
1,600時間以上 5年
3,200時間以上 4年
短期課程の普通職業訓練終了 700時間以上 6年
普通課程の普通職業訓練終了 2,800時間未満 5年
2,800時間以上 4年
専門課程又は特定専門課程の高度職業訓練修了 1年 3年
応用課程又は特定応用課程の高度職業訓練修了 1年
長期課程又は短期養成課程の指導員訓練修了 1年
職業訓練指導員免許取得 1年
長期養成課程の指導員訓練修了 なし

開催日程

金属溶解技能検定開催日程・試験日

技能検定試験は前期と後期に分かれて実施しています。
実施検定職種、日程はその年によって違います。

技能検定実施日程
前期 後期
実施公示 3月上旬 9月上旬
受験申請 4月上旬 10月上旬
実技試験問題の公表 6月上旬 11月下旬
実技試験 6月上旬から9月中旬 12月上旬から2月中旬
学科試験 7月中旬から9月上旬 1月中旬から2月上旬

※年度、都道府県で違いがあるので注意

受験手数料

金属溶解技能検定受験手数料
等級 実技試験 学科試験
35歳以上 35歳未満 全年齢
1級 18,200円 18,200円 3,100円
2級 18,200円 9,200円 3,100円

合格基準

合格基準は、100点を満点として、実技試験は60点以上、学科試験は65点以上です。

1級 鋳鉄溶解作業

実技試験

1級金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業実技試験の採点項目と配点です。

1級金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業実技試験は
製作等作業、判断等、計画立案等作業です。

1級鋳鉄溶解作業 実技試験の採点項目と配点
実施形式 採点項目 配点
製作等作業試験
(築炉作業)
築炉作業全般(チェックリスト)採点 40
寸法精度採点
充てん密度採点
作業時間採点
判断等試験(組織判定) 20
計画立案等作業試験 40
  • 製作等作業試験 標準時間2時間 打切り時間2時間30分
    与えられた外枠に電融シリカ又は天然シリカを用いて、手突きにより誘導炉のライニング作業を行います。
  • 判断等試験 試験時間30分
    鋳鉄の顕微鏡写真による組織判定、鋳鉄の黒鉛形状の判定及び鋳鉄の黒鉛球状化率の判定について行います。
  • 計画立案等作業試験 試験時間2時間
    装入材料の配合計算、操炉等について行います。
試験科目

1級金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業の実技試験科目です。

  • 鋳鉄溶解作業
    溶解計画の作成
    装入材料の配合
    操炉
    炉前試験
    鋳鉄の顕微鏡組織の判定
    キュポラ、誘導炉及びとりべの築炉及び補修溶解作業記録の作成

学科試験

1級金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業の学科試験は

  • 試験方式 真偽法及び四肢択一法
  • 出題数 50問(真偽法25問 四肢択一法25問)
  • 試験時間 1時間40分

です。

試験科目

1級金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業の学科試験科目です。

  • 金属溶解炉一般
    金属溶解炉の種類及び用途
    とりべの種類及び構造
    耐火材料の種類及び用途
  • 品質管理
    品質管理用語
  • 材料試験
    材料試験の種類、目的及び方法
  • 機械工作法
    鋳造作業
    その他の工作法
  • 製図
    日本産業規格に定める図示法及び材料記号
  • 電気
    電気用語
    電気機械器具の使用方法
  • 安全衛生
    安全衛生に関する詳細な知識
  • 鋳鉄溶解作業法
    キュポラの構造及び機能
    誘導炉の構造及び機能
    鋳鉄の種類、組織、性質及び用途
    鋳鉄以外の金属材料の種類及び用途
    装入材料及びその配合
    キュポラ及び誘導炉の操業方法
    炉内反応
    炉前試験
    キュポラ、誘導炉及びとりべの築炉方法及び補修方法

2級 鋳鉄溶解作業

実技試験

2級金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業実技試験の採点項目と配点です。

2級金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業実技試験は
製作等作業、計画立案等作業です。

2級鋳鉄溶解作業 実技試験の採点項目と配点
実施形式 採点項目 配点
製作等作業試験
(築炉作業)
築炉作業全般(チェックリスト)採点 60
寸法精度採点
充てん密度採点
作業時間採点
計画立案等作業試験 40
  • 製作等作業試験 標準時間2時間 打切り時間2時間30分
    与えられた外枠に電融シリカ又は天然シリカを用いて、手突きにより誘導炉のライニング作業を行います。
  • 計画立案等作業試験 試験時間2時間
    装入材料の配合計算、操炉等について行います。
試験科目

2級金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業の実技試験科目です。

  • 鋳鉄溶解作業
    装入材料の配合
    操炉
    炉前試験
    キュポラ、誘導炉及びとりべの築炉及び補修溶解作業記録の作成

学科試験

2級金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業の学科試験は

  • 試験方式 真偽法及び四肢択一法
  • 出題数 50問(真偽法25問 四肢択一法25問)
  • 試験時間 1時間40分

です。

試験科目

2級金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業の学科試験科目です。

  • 金属溶解炉一般
    金属溶解炉の種類及び用途
    とりべの種類及び構造
    耐火材料の種類及び用途
  • 材料試験
    材料試験の種類、目的及び方法
  • 機械工作法
    鋳造作業
    その他の工作法
  • 製図
    日本産業規格に定める図示法及び材料記号
  • 電気
    電気用語
    電気機械器具の使用方法
  • 安全衛生
    安全衛生に関する詳細な知識
  • 鋳鉄溶解作業法
    キュポラの構造及び機能
    誘導炉の構造及び機能
    鋳鉄の種類、組織、性質及び用途
    鋳鉄以外の金属材料の種類及び用途
    装入材料及びその配合
    キュポラ及び誘導炉の操業方法
    炉内反応
    炉前試験
    キュポラ、誘導炉及びとりべの築炉方法及び補修方法

1級 鋳鋼溶解作業

実技試験

1級金属溶解技能検定 鋳鋼溶解作業実技試験の採点項目と配点です。

1級金属溶解技能検定 鋳鋼溶解作業実技試験は
製作等作業課題1、製作等作業課題2、判断等試験、計画立案等作業試験です。

1級鋳鋼溶解作業 実技試験の採点項目と配点
実施形式 採点項目 配点
製作等作業試験 装入材料の選定 20
成分調整
判断等試験 試料の判定 30
顕微鏡写真の判定
計画立案等作業試験 50
  • 製作等作業試験課題1 試験時間10分
    SCCrM3相当鋼種を溶製する溶解工程において、提示された装入材料の山の中から、溶製の際に配合する合金鉄の配合量として適する山を選定します。
  • 製作等作業試験課題2 試験時間5分
    SCCrM3相当鋼種を溶製する溶解工程において、提示された溶け落ち時の溶鋼成分から判断し、目標成分となるように成分調整を行います。
  • 判断等試験 試験時間13分
    添加合金鉄、れんが、炉床材、造さい材、加炭材、戻りくず等の試料の判定を行い、また顕微鏡写真による炭素量、熱処理状態及び組織名の判定を行います。
  • 計画立案等作業試験 試験時間2時間
    誘導路の操炉、装入材料の配合計算、成分調整等について行います。
試験科目

1級金属溶解技能検定 鋳鋼溶解作業の実技試験科目です。

  • 鋳鋼溶解作業
    溶解計画の作成
    装入材料の配合
    操炉
    炉前試験
    鋼の顕微鏡組織の判定
    誘導炉及びとりべの築炉及び補修
    溶解作業記録の作成

学科試験

1級金属溶解技能検定 鋳鋼溶解作業の学科試験は

  • 試験方式 真偽法及び四肢択一法
  • 出題数 50問(真偽法25問 四肢択一法25問)
  • 試験時間 1時間40分

です。

試験科目

1級金属溶解技能検定 鋳鋼溶解作業の学科試験科目です。

  • 金属溶解炉一般
    金属溶解炉の種類及び用途
    とりべの種類及び構造
    耐火材料の種類及び用途
  • 品質管理
    品質管理用語
  • 材料試験
    材料試験の種類、目的及び方法
  • 機械工作法
    鋳造作業
    その他の工作法
  • 製図
    日本産業規格に定める図示法及び材料記号
  • 電気
    電気用語
    電気機械器具の使用方法
  • 安全衛生
    安全衛生に関する詳細な知識
  • 鋳鋼溶解作業法
    アーク炉の構造及び機能
    誘導炉の構造及び機能
    鋼の種類、組織、性質及び用途
    鋼以外の金属材料の種類及び用途
    装入材料及びその配合
    アーク炉の操業方法
    誘導炉の操業方法
    アーク炉の炉内反応
    誘導炉の炉内反応
    炉前試験
    アーク炉、アーク炉及びとりべの築炉方法及び補修方法

2級 鋳鋼溶解作業

実技試験

2級金属溶解技能検定 鋳鋼溶解作業実技試験の採点項目と配点です。

2級金属溶解技能検定 鋳鋼溶解作業実技試験は
製作等作業課題1、製作等作業課題2、判断等、計画立案等作業です。

2級鋳鋼溶解作業 実技試験の採点項目と配点
実施形式 採点項目 配点
製作等作業試験 装入材料の選定 20
成分調整
判断等試験 試料の判定 30
計画立案等作業試験 50
  • 製作等作業試験課題1 試験時間10分
    SCCrM3相当鋼種を溶製する溶解工程において、提示された装入材料の山の中から、溶製の際に配合する合金鉄の配合量として適する山を選定します。
  • 製作等作業試験課題2 試験時間5分
    SCCrM3相当鋼種を溶製する溶解工程において、提示された溶け落ち時の溶鋼成分から判断し、目標成分となるように成分調整をいます。
  • 判断等試験 試験時間10分
    添加合金鉄、れんが、炉床材、造さい材、加炭材、戻りくず等の試料の判定を行います。
  • 計画立案等作業試験 試験時間2時間
    誘導路の操炉、装入材料の配合計算、成分調整等について行います。
試験科目

2級金属溶解技能検定 鋳鋼溶解作業の実技試験科目です。

  • 鋳鋼溶解作業
    装入材料の配合
    操炉
    炉前試験
    誘導炉及びとりべの築炉及び補修
    溶解作業記録の作成

学科試験

2級金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業の学科試験は

  • 試験方式 真偽法及び四肢択一法
  • 出題数 50問(真偽法25問 四肢択一法25問)
  • 試験時間 1時間40分

です。

試験科目

2級金属溶解技能検定 鋳鋼溶解作業の学科試験科目です。

  • 金属溶解炉一般
    金属溶解炉の種類及び用途
    とりべの種類及び構造
    耐火材料の種類及び用途
  • 材料試験
    材料試験の種類、目的及び方法
  • 機械工作法
    鋳造作業
    その他の工作法
  • 製図
    日本産業規格に定める図示法及び材料記号
  • 電気
    電気用語
    電気機械器具の使用方法
  • 安全衛生
    安全衛生に関する詳細な知識
  • 鋳鋼溶解作業法
    アーク炉の構造及び機能
    誘導炉の構造及び機能
    鋼の種類、組織、性質及び用途
    鋼以外の金属材料の種類及び用途
    装入材料及びその配合
    アーク炉の操業方法
    誘導炉の操業方法
    アーク炉の炉内反応
    誘導炉の炉内反応
    炉前試験
    アーク炉、誘導炉及びとりべの築炉方法及び補修方法

1級 軽合金溶解炉溶解作業

実技試験

1級金属溶解技能検定 軽合金溶解炉溶解作業実技試験の採点項目と配点です。

1級金属溶解技能検定 軽合金溶解炉溶解作業実技試験は
製作等作業、判断等課題1~3、計画立案等作業です。

1級軽合金溶解炉溶解作業 実技試験の採点項目と配点
実施形式 採点項目 配点
製作等作業試験 溶解作業 40
溶湯測温
ガス量判定
介在物判定(破面検査)
鋳型温度測定
脱ガス処理
機械的性質検査
作業時間
判断等試験 課題1 材料判別 20
課題2 合金材質判別
課題3 耐火物・断熱材判別
計画立案等作業試験 40
  • 製作等作業試験 標準時間1時間 打切り時間1時間30分
    保持炉に保持されたアルミニウム合金の溶湯に対し、溶湯精錬、測温、脱ガス処理効果の判定及び介在物判定後、引張試験片用供試材3本の採取を行います。
  • 判断等試験 試験時間9分
    課題1(材料判別) 7種類の材料の判別を行います。
    課題2(合金材質判別) 5種類の合金材質の判別を行います。
    課題3(耐火物・断熱材判別) 5種類の耐火物・断熱材の判別を行います。
  • 計画立案等作業試験 試験時間2時間
    装入材料の配合計算、操炉等について行います。
試験科目

1級金属溶解技能検定 軽合金溶解炉溶解作業の実技試験科目です。

  • 軽合金溶解炉溶解作業
    溶解計画の作成
    装入材料の配合
    操炉
    炉前試験
    溶解炉及びとりべの築炉及び補修
    溶解作業記録の作成

学科試験

1級金属溶解技能検定 軽合金溶解炉溶解作業の学科試験は

  • 試験方式 真偽法及び四肢択一法
  • 出題数 50問(真偽法25問 四肢択一法25問)
  • 試験時間 1時間40分

です。

試験科目

1級金属溶解技能検定 軽合金溶解炉溶解作業の学科試験科目です。

  • 金属溶解炉一般
    金属溶解炉の種類及び用途
    とりべの種類及び構造
    耐火材料の種類及び用途
  • 品質管理
    品質管理用語
  • 材料試験
    材料試験の種類、目的及び方法
  • 機械工作法
    鋳造作業
    その他の工作法
  • 製図
    日本産業規格に定める図示法及び材料記号
  • 電気
    電気用語
    電気機械器具の使用方法
  • 安全衛生
    安全衛生に関する詳細な知識
  • 軽合金溶解炉溶解作業法
    溶解炉の構造及び機能
    軽合金の種類、組織、性質及び用途
    軽合金以外の金属材料の種類及び用途
    装入材料及びその配合
    溶解炉の操業方法
    炉内反応
    炉前試験
    溶解炉及びとりべの築炉方法及び補修方法

2級 軽合金溶解炉溶解作業

実技試験

2級金属溶解技能検定 軽合金溶解炉溶解作業実技試験の採点項目と配点です。

2級金属溶解技能検定 軽合金溶解炉溶解作業実技試験は
製作等作業、判断等、計画立案等作業です。

2級軽合金溶解炉溶解作業 実技試験の採点項目と配点
実施形式 採点項目 配点
製作等作業試験 溶解作業 50
溶湯測温
ガス量判定
鋳型温度測定
脱ガス処理
機械的性質検査
作業時間
判断等試験 課題1 材料判別 20
課題2 合金材質判別
課題3 耐火物・断熱材判別
計画立案等作業試験 30
  • 製作等作業試験 標準時間1時間 打切り時間1時間30分
    保持炉に保持されたアルミニウム合金の溶湯に対し、溶湯精錬、測温及び脱ガス処理効果の判定を行った後、引張試験片用供試材3本の採取を行います。
  • 判断等試験 試験時間9分

    課題1(材料判別) 7種類の材料から任意に4種類を選び、その判別を行います。
    課題2(合金材質判別) 5種類の合金材質から任意に3種類を選び、その判別を行います。
    課題3(耐火物・断熱材判別) 5種類の耐火物・断熱材から任意に3種類を選び、その判別を行います。

  • 計画立案等作業試験 試験時間2時間
    装入材料の配合計算、操炉等について行います。
試験科目

2級金属溶解技能検定 軽合金溶解炉溶解作業の実技試験科目です。

  • 軽合金溶解炉溶解作業
    装入材料の配合
    操炉
    炉前試験
    溶解炉及びとりべの築炉及び補修
    溶解作業記録の作成

学科試験

2級金属溶解技能検定 軽合金溶解炉溶解作業の学科試験は

  • 試験方式 真偽法及び四肢択一法
  • 出題数 50問(真偽法25問 四肢択一法25問)
  • 試験時間 1時間40分

です。

試験科目

2級金属溶解技能検定 軽合金溶解炉溶解作業の学科試験科目です。

  • 金属溶解炉一般
    金属溶解炉の種類及び用途
    とりべの種類及び構造
    耐火材料の種類及び用途
  • 材料試験
    材料試験の種類、目的及び方法
  • 機械工作法
    鋳造作業
    その他の工作法
  • 製図
    日本産業規格に定める図示法及び材料記号
  • 電気
    電気用語
    電気機械器具の使用方法
  • 安全衛生
    安全衛生に関する詳細な知識
  • 軽合金溶解炉溶解作業法
    溶解炉の構造及び機能
    軽合金の種類、組織、性質及び用途
    軽合金以外の金属材料の種類及び用途
    装入材料及びその配合
    溶解炉の操業方法
    炉内反応
    炉前試験
    溶解炉及びとりべの築炉方法及び補修方法

合格率

金属溶解技能検定の合格率

金属溶解技能検定の合格率です。
受検申請者数に対して免除者も含む合格率です。

鋳鉄溶解作業

金属溶解技能検定 鋳鉄溶解作業の合格率です。

金属溶解技能検定鋳鉄溶解作業平成30年合格率
受検申請者数 合格者数 合格率
1級 27人 15人 55.55%
2級 14人 12人 85.71%

鋳鋼溶解作業

金属溶解技能検定 鋳鋼溶解作業の合格率です。

金属溶解技能検定鋳鋼溶解作業平成29年合格率
受検申請者数 合格者数 合格率
1級 14人 8人 57.14%
2級 6人 2人 33.33%

軽合金溶解作業

金属溶解技能検定 軽合金溶解作業の合格率です。

金属溶解技能検定軽合金溶解作業平成29年合格率
受検申請者数 合格者数 合格率
1級 16人 4人 25.00%
2級 16人 10人 62.50%

最後に

受験者数が少なく、金属溶解技能検定の実施が3年に1回で受験自体が難しいです。
受験準備講習を開催している機関も見当たらず、取得が困難な資格だと思います。

金属溶解関連商品

動画紹介

中部鋼鈑Chubu Steel PlateさんのYOUTUBEに投稿している製鋼工程の動画です。