就職活動中に産業別で免許・資格・経験を調べていたら危険物取扱者と書いてある求人が多く、就職活動が有利になりそうな資格なので調べてみました。

危険物を取り扱うための資格

危険物を取り扱うための資格が3つあります。

  • 甲種(こうしゅ)
  • 乙種(おつしゅ)
  • 丙種(へいしゅ)

簡単な違いは取り扱うことができる危険物の種類受験資格です。

取り扱うことができる危険物の種類

危険物取扱者の種類と取り扱い可能危険物
甲種 全種類の危険物
乙種
第1類
酸化性固体 塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、
臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、
重クロム酸塩類など
乙種
第2類
可燃性固体 硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、
マグネシウム、引火性固体など
乙種
第3類
自然発火性および
禁水性物質
カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、
アルキルリチウム、黄りんなど
乙種
第4類
引火性液体 ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、
重油、動植物油類など
乙種
第5類
自己反応性物質 有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、
アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなど
乙種
第6類
酸化性液体 過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物など
丙種 乙種第4類の一部 ガソリン、灯油、軽油、重油など
  • 危険物の取り扱いは、危険物取扱者(甲種、乙種、丙種)が行うことができます。
  • 危険物の取り扱いは、危険物取扱者(甲種、乙種)の立会いのもとに危険物取扱者以外の者が行うことができます。

受験資格

  • 甲種
    甲種の受験には一定の資格が必要です。
  • 乙種丙種
    乙種、丙種の受験に条件はなく、だれでも受験することができます。

危険物取扱者甲種の受験資格

  • 大学等において化学に関する学科等を修めて卒業
  • 大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者
  • 乙種危険物取扱者免状の交付後、危険物取扱いの実務経験が2年以上の者
  • 次の4種類以上の乙種危険物取扱者免状の交付を受けている者
    • 第1類又は第6類
    • 第2類又は第4類
    • 第3類
    • 第5類
  • 修士、博士の学位を有する者(化学に関する事項を専攻)

※証明書が必要です。

危険物取扱者資格取得に必要な試験

取得する資格と所持している免許、業務経験で試験内容が異なります。

試験はマーク・カードを使う筆記試験で

  • 甲種は五肢択一式で45問、試験時間は150分
  • 乙種は五肢択一式で35問、試験時間は120分
  • 丙種は四肢択一式で25問、試験時間は75分

です。

危険物取扱者 試験方法
種類 試験形式 試験問題数 試験時間
甲種 五肢択一 45問 150分
乙種 五肢択一 35問 120分
丙種 四肢択一 25問 75分

合格基準は各試験科目ごとの成績が、それぞれ60%以上です。

危険物取扱者 試験内容
種類 試験科目 問題数
甲種 危険物に関する法令 15
物理学及び化学 10
危険物の性質並びに
その火災予防及び消火の方法
20
乙種 危険物に関する法令 15
基礎的な物理学及び
基礎的な化学
10
危険物の性質並びに
その火災予防及び消火の方法
10
丙種 危険物に関する法令 10
燃焼及び消火に関する基礎知識 5
危険物の性質並びに
その火災予防及び消火の方法
10

試験科目の免除条件

危険物取扱者乙種試験科目の免除

  • 乙種危険物取扱者免状を有する者は全類の一部が免除され
    問題数10問、試験時間35分になります。
  • 火薬類免状を有する者は1類と5類の一部が免除され
    問題数24問、試験時間90分になります。
  • 乙種危険物取扱者免状を有し、かつ火薬類免状を有する科目免除申請者は1類と5類の一部が免除され
    問題数5問、試験時間35分になります。
危険物取扱者乙種試験科目の免除
免除条件 免除
種類
試験科目 問題数 試験
時間
乙種危険物取扱者
免状を有する者
全類 危険物の性質並びに
その火災予防及び消火の方法
10問 35分
火薬類免状を有する者 1類
5類
危険物に関する法令 15問 90分
基礎的な物理学
及び基礎的な化学
4問
危険物の性質並びに
その火災予防及び消火の方法
5問
乙種危険物取扱者免状を有し
かつ火薬類免状を有する者
1類
5類
危険物の性質並びに
その火災予防及び消火の方法
5問 35分

危険物取扱者丙種試験科目の免除

  • 消防学校の教育訓練のうち基礎教育又は専科教育の警防科を修了し、5年以上消防団員として勤務した者は一部が免除され
    問題数20問、試験時間60分
  • になります。
    ※証明書が必要です。

危険物取扱者丙種試験科目の免除
免除条件 免除
種類
試験科目 問題数 試験
時間
消防学校の教育訓練のうち
基礎教育又は
専科教育の警防科を修了し、
5年以上消防団員として勤務した者
丙種 危険物に関する法令 10問 60分
危険物の性質並びに
その火災予防及び消火の方法
10問

危険物取扱者(甲種・乙種・丙種)試験手数料

各試験料になります。

  • 危険物取扱者(甲種)試験料
    6,600円
  • 危険物取扱者(乙種)試験料
    4,600円
  • 危険物取扱者(丙種)試験料
    3,700円
危険物取扱者(甲種)に関する試験事務手数料及び積算根拠
区分 試験料 内訳 備考
甲種危険物取扱者試験 6,500円 人件費 4,182円 受付、試験実施、問題作成等
物件費 641円 印刷製本費
336円 会場借上費
1,349円 雑費(広告費及び通信費を含む)
合計 6,508円
危険物取扱者(乙種)に関する試験事務手数料及び積算根拠
区分 試験料 内訳 備考
乙種危険物取扱者試験 4,500円 人件費 2,722円 受付、試験実施、問題作成等
物件費 549円 印刷製本費
336円 会場借上費
932円 雑費(広告費及び通信費を含む)
合計 4,539円
危険物取扱者(丙種)に関する試験事務手数料及び積算根拠
区分 試験料 内訳 備考
丙種危険物取扱者試験 3,600円 人件費 1,925円 受付、試験実施、問題作成等
物件費 450円 印刷製本費
336円 会場借上費
937円 雑費(広告費及び通信費を含む)
合計 3,648円

※令和元年10月1日以前の内訳です。

危険物取扱者(甲種・乙種・丙種)試験準備講習受講料

危険物取扱者試験に向けた受験準備講習会を開催している機関があります。
受講料は開催機関で違います。
受講料を調べたのを書いておきますので目安にしてください。

危険物取扱者(甲種)準備講習
コース 日程 開催機関A 開催機関B 開催機関C
13時間 2日 12,140円 22,000円 27,150円
危険物取扱者(乙種第4類)準備講習
コース 日程 開催機関A 開催機関B 開催機関C
12時間 2日 12,800円 13,500円 16,840円
危険物取扱者(丙種)準備講習
コース 日程 開催機関A 開催機関B 開催機関C
6時間 1日 9,900円 13,900円 16,840円

開催機関によってテキスト代が含まれていなかったり、講習内容に違いがあったので、契約前に確認や比較をした方が良さそうです。
(講習を受けずに独習による資格取得者の方も多いみたいです。)

最後に

低価格で取得できる資格だと思いますが、試験に合格しないと取得できない資格なので、苦手な科目だったりすると時間も費用も掛かってしまいそうです。

取り扱うことができるようになる危険物の需要から人気があるのは乙種第4類ですが、
必要な資格には乙種とだけ書いてある求人が多かったので、乙種のどの種類が必要なのか確認した方が良さそうです。

危険物取扱者(甲種・乙種・丙種)受験情報(平成30年度)
区分 受験者数 受験比率 合格者数 合格率
甲種 20,977人 5.90% 8,358人 39.84%
乙種
1類
12,333人 3.47% 8,256人 66.94%
乙種
2類
11,620人 3.27% 7,936人 68.30%
乙種
3類
13,045人 3.67% 8,834人 67.72%
乙種
4類
240,102人 67.57% 93,667人 39.01%
乙種
5類
13,362人 3.76% 8,829人 66.08%
乙種
6類
13,894人 3.91% 8,949人 64.41%
丙種 30,028人 8.45% 15,366人 51.17%
合計 355,361人 100.00% 160,195人 45.08%

平成30年度版のデータでは危険物取扱者受験者の67.57%が乙種第4類でした。

乙種第4類の合格率が39.01%と低いのは、ほかの類に比べて極端に難しいのではなく、
学校や勤務先からの指示による受験者の合格意欲と
乙種第4類を最初に受験するため、試験科目の免除がない
などが原因になっている部分があるみたいです。

誰にでも取得できる資格ということからか、小中学生で甲種、全乙種合格したという記事を見かけました。
勉強方法は、講習、独習の、それぞれで合格できるみたいです。