就職活動中に産業別で免許・資格・経験を調べていたらCADオペレーターと書いてある求人が多かったので、就職活動が有利になりそうな資格なのか調べてみました。

このページには5種類のCADオペレーター向けの資格

  • CAD資格の等級の違い
  • 試験開催日日程
  • 資格取得に必要な受験料の違い
  • 資格取得に必要な受験資格の違い
  • 合格率

などが簡単に書いてあります。

CAD操作の知識・技術、図面の理解力を証明するのに必要な資格

CAD操作の知識・技術、図面の理解力を証明するのに必要な資格があります。

  • CADトレース技能審査
  • 建築CAD検定試験
  • CAD利用技術者試験
  • オートデスク認定資格プログラム
  • Vectorworks操作技能ベーシック認定試験
  • CAD実務キャリア認定制度

です。

CADトレース技能審査は平成29年に終了していました。

資格の取得に必要な試験

資格の取得に必要な試験
建築CAD
検定試験
CAD利用
技術者試験
オートデスク
認定資格プログラム
Vectorworks
操作技能ベーシック
認定試験
CAD実務
キャリア認定制度
等級 準1級
2級
3級
2D
1級(機械)
1級(建築)
1級(トレース)
2級
基礎
3D
1級
準1級
2級
プロフェッショナル
Auto CAD
Autodesk Inventor
ユーザー
Auto CAD
Revit Architecture
Fusion 360
ベーシック認定試験 機械部門
建築部門
試験 実技 等級により
筆記と実技
等級により
選択式と実技
○×選択、択一選択
作図操作して解答
学科と実技
等級 準1級
2級
3級
2D
1級(機械)
1級(建築)
1級(トレース)
2級
基礎
3D
1級
準1級
2級
プロフェッショナル
Auto CAD
Autodesk Inventor
ユーザー
Auto CAD
Revit Architecture
Fusion 360
ベーシック認定試験 機械部門
建築部門
受講料 10,500円~
14,700円
4,000円~
15,000円
7,000円~
12,000円
3,000円 11,550円

建築CAD検定試験

建築CAD検定試験等級比較
準1級 2級 3級
試験日程 年1回(10月) 年2回(4月・10月)
受験資格 なし なし なし
受験料 14,700円 10,500円 10,500円
合格基準 4図面すべて
完成の場合合格
250点満点中
190点~200点目安
200点満点中
140点~150点目安
試験時間 4時間10分 5時間 2時間
合格率 2018年2.4%
2017年30.3%
2016年12.2%
2018年52.1%
2017年51.7%
2016年55.1%
2018年67.3%
2017年73.8%
2016年72.1%
  • 3級試験内容
    与えられた建築図面をCADシステムを使って正しくトレースする実力を備えているかを問う。
    試験は実技試験で、建築図面の要素を取り出して作成した参考図をもとに、完成図を一定時間内に作成する。
  • 2級試験内容
    自らの持つ建築知識をもとに、CADシステムを使って建築図面を作成する実力を備えているかを問う。
    試験は実技試験で、一定時間内に建築一般図を2面作成する。
  • 准1級試験内容
    課題として与えられた建築図面(RC構造等)を、自らの建築製図知識とCADの経験を駆使したうえ、建造物の特性を理解した適切な判断によるトレースを行なってこれを完成させる。
    試験は実技試験で、建築一般図を4面作成する。

CAD利用技術者試験

2次元CAD利用技術者試験

2次元CAD利用技術者試験等級比較
1級 2級 基礎級
試験日程 年2回(6月・11月) 随時
受験資格 2級または1級の有資格者 なし なし
受験料 15,000円 5,500円 4,000円
試験方法 実技試験
筆記試験25問
筆記試験60問 筆記試験50問
合格基準 実技・筆記が各5割以上
および総合が7割以上
CADシステム分野
製図分野が各5割以上
および総合が7割以上
総合7割以上
試験時間 80分 60分 50分
合格率 2019年58.06%(トレース)
2019年34.69%(建築)
2018年50.20%
2017年54.10%
2018年79.60%
2017年58.70%
  • 基礎級試験内容
    CADシステムの知識と利用
    CADシステムのプラットフォーム
    製図の知識
    図形
  • 2級試験内容
    CADシステム
    製図
  • 1級(機械)試験内容
  • 機構部品の作図
    適切な数値からの作図、機械要素部品
    投影図からの作図
    機械製図の知識

  • 1級(建築)試験内容
  • RC図
    木造
    建築製図の基礎知識
    建築生産の電子情報

  • 1級(トレース)試験内容
    編集・レイヤ設定能力
    トレース能力
    投影能力
    製図の知識

3次元CAD利用技術者試験

3次元CAD利用技術者試験等級比較
1級 準1級 2級
試験日程 年2回(7月・12月)
受験資格 2級有資格者 なし
受験料 15,000円 10,000円 7,000円
試験方法 3次元CADソフトを使用したモデリング
マークシート方式(作成したモデルの体積、
表面積など測定した値を選択)
マークシート方式
および真偽方式60問
合格基準 各分野5割以上、および総合7割以上
試験時間 120分 60分
合格率 2019年後期35.78%
2019年前期21.00%
2019年後期30.61%
2019年前期47.65%
2019年後期55.08%
2019年前期68.06%
  • 2級試験内容
    3次元CADの概念
    3次元CADの機能と実用的モデリング手法
    3次元CADデータの管理と周辺知識
    3次元CADデータの活用
  • 準1級試験内容
    CADリテラシー、形状認識能力
    2次元図面からのパーツモデリング能力
  • 1級試験内容
    CADリテラシー、形状認識能力
    アセンブリモデリング能力
    2次元図面からのパーツモデリング能力

オートデスク認定資格プログラム

ユーザー

ユーザーオートデスク認定資格プログラム比較
AutoCAD Revit Architecture Fusion 360
試験日程 認定試験センターにより随時から年数回
受験資格 なし(50時間使用経験推奨)
受験料 7,000円
試験方法 選択式+実技操作30問 実技操作
合格基準 70%以上 73%以上 70%以上
試験時間 50分 75分
  • AutoCAD試験内容
    基本的な作図スキルの利用
    オブジェクトの作成
    作図補助機能の使用
    オブジェクトの編集
    高度な作図編集機能
    オブジェクトの整理
    コンテンツの再利用
    図面への注釈
    レイアウトと印刷
  • Revit Architecture試験内容
    ユーザーインターフェースの操作と機能
    基準面の作成
    建築モデルの作成
    システムファミリ/ロード可能なファミリ
    プロパティの確認と修正
    集計表/数量の作成
    新しいビューの作成
    外構
    注釈
    オブジェクトの修正
    修正ツール
  • Fusion 360試験内容
    ユーザーインターフェースとナビゲーション
    コラボレーション
    スケッチ
    パーツ モデリング
    アセンブリ モデリング
    図面
    高度なモデリング
    スカルプト
    3Dプリントと付加製造
    シミュレーション

プロフェッショナル

プロフェッショナル
オートデスク認定資格プログラム比較
AutoCAD Revit Architecture
試験日程 認定試験センターにより
随時から年数回
受験資格 なし(400時間使用経験推奨)
受験料 12,000円
試験方法 実技操作35問
合格基準 80%以上 71%以上
試験時間 120分
  • AutoCAD試験内容
    オブジェクトの作成
    正確な作図
    オブジェクトの修正
    さらなる作図テクニックの使用
    オブジェクトの構成
    既存のコンテンツの再利用
    図面注釈
    レイアウトと印刷
  • Autodesk Inventor試験内容
    高度なモデリング
    アセンブリ モデリング
    図面
    パーツ モデリング
    プレゼンテーション
    プロジェクト ファイル
    シートメタル
    スケッチ
    溶接

Vectorworks操作技能ベーシック認定試験

Vectorworks操作技能ベーシック認定試験
試験日程 随時
受験資格 なし
受験料 3,000円
試験方法 画面に表示される問題文を読み、
択一選択方式、正誤方式で解答
合格基準 70%以上で認定証をダウンロード可能
90%以上でカード形式の認定証を後日郵送
試験時間 50分
  • Vectorworks操作技能ベーシック認定試験試験内容
    Vectorworks基礎・環境(12問)
    Vectorworks基本機能・作図(25問)
    Vectorworks活用機能(5問)
    Renderworks(8問)

CAD実務キャリア認定制度

CAD実務キャリア認定制度
TCADs(Test of CAD for skill)
試験日程 年2回(2月・9月)
受験資格 なし
受験料 11,550円
試験方法 学科試験CBT方式
実技試験CADを使用して解答図面を作成
合格基準 990点満点となるスコア制で点数による認定
試験時間 学科試験 40分
実技試験 90分
  • 機械部門試験内容
    出題範囲はJIS製図一般の知識および機械製図の基礎知識
    課題図は機械部品の組立図、部品図
  • 建築部門試験内容
    出題範囲はJIS製図一般の知識および建築製図の基礎知識
    課題図は建築物の平面図、断面図、立面図

最後に

等級やスキルによって、取得にかかる費用と時間が大きく違う資格でした。
受験する機関、コースは就職活動に合わせて慎重に選択した方が良さそうです。

試験取得に向けた講習は、WEB講座と会場によるセミナーがあり、
1日間で数千円から数か月で数十万円と幅が広かったです。

試験を開催機関で開催している講習もありました。