就職活動中に産業別で免許・資格・経験を調べていたら、ガス溶接・アーク溶接と書いてある求人が多く、就職活動が有利になりそうな資格なので調べてみました。

このページには

  • ガス溶接技能講習・アーク溶接等の業務に係る特別教育
  • 資格取得に必要な講習時間
  • 資格取得に必要な講習受講料
  • 溶接の講習に必要な持参品

などが書いてあります。

溶接をするための資格

未経験で取得できる溶接をするための資格が2つあります。

  • ガス溶接技能講習
  • アーク溶接等の業務に係る特別教育
  • (以後、アーク溶接特別教育と省略してる場合有)

簡単な違いは熱を発生させるエネルギー講習時間です。

ガス溶接は、酸素とアセチレン(可燃性ガス)を使って燃焼させた炎の熱を利用します。
アーク溶接は、母材と溶接棒の間に発生させたアーク放電(気体放電現象の一種)の熱を利用します。

受講資格は特にありません。
(教習機関によって18歳以上)

溶接の資格取得に必要な講習時間

ガス溶接技能講習

学科講習8時間、学科試験1時間、実技講習5時間の計14時間で2日です。

ガス溶接技能講習時間
講習区分 講習科目 講習時間
学科 ガス溶接等に使用する設備の構造
取り扱いの方法に関する知識
4時間
ガス溶接に使用する可燃性ガス
酸素に関する知識
3時間
関係法令 1時間
学科試験 1時間
実技 ガス溶接等に使用する設備の取り扱い 5時間

ガス溶接技能講習 根拠法令

事業者は、クレーンの運転その他の業務で、政令で定めるものについては、都道府県労働局長の当該業務に係る免許を受けた者又は都道府県労働局長の登録を受けた者が行う当該業務に係る技能講習を修了した者その他厚生労働省令で定める資格を有する者でなければ、当該業務に就かせてはならない。

可燃性ガス及び酸素を用いて行なう金属の溶接、溶断又は加熱の業務

アーク溶接特別教育講習

学科講習11時間、実技講習10時間の計21時間で3日です。

アーク溶接特別教育講習時間
講習区分 講習科目 講習時間
学科 アーク溶接等に関する基礎知識 1時間
アーク溶接装置に関する基礎知識 3時間
アーク溶接等の作業方法に関する基礎知識 6時間
関係法令 1時間
実技 アーク溶接装置の取り扱い・作業の方法 10時間

アーク溶接特別教育講習 根拠法令

アーク溶接機を用いて行う金属の溶接、溶断等の業務

溶接の資格取得に必要な講習受講料

講習受講料は教習機関で違います。
受講料を調べたのを書いておきますので目安にしてください。

ガス溶接資格取得に必要な講習受講料

※学科試験が含まれていない教習機関もあるので注意

ガス溶接技能講習
教習機関A 教習機関B 教習機関C
13,580円 16,500円 22,000円

アーク溶接資格取得に必要な講習受講料

アーク溶接特別教育講習
教習機関A 教習機関B 教習機関C
16,500円 18,700円 23,000円

溶接の講習に必要な持参品

溶接の講習を受講するときに必要な道具があります。

主な持参品

  • 筆記用具
  • 作業服上下(長袖)
  • 作業帽子
  • ヘルメット
  • 作業靴(安全靴)
  • 腕カバー
  • 足カバー
  • 前カバー
  • 軍手
  • 溶接用手袋
  • 保護メガネ
  • 遮光メガネ
  • シールド面
  • 防塵マスク

※教習機関によって違いがあるので契約前に確認してください。
(貸し出しや販売しているものあり)

最後に

短期間、低価格で取得できる資格だと思いました。
教習機関によって受講料の違いもありますが、

  • 受講資格が18歳以上
  • 講習に必要な持参品
  • 受講人数が〇人に達しない場合中止
  • 学科試験が含まれていない

など、受講料以外の違いにも注意が必要です。
契約する前に電話や窓口で確認をして複数の教習機関の違いを比較した方が良いと思いました。