就職活動中に産業別で免許・資格・経験を調べていたら廃棄物の焼却施設に関する業務に係る特別教育と書いてある資格があったので、就職活動が有利になりそうな資格なのか調べてみました。

このページには

  • 資格取得に必要な講習時間
  • 資格取得に必要な講習受講料

などが書いてあります。

廃棄物の焼却施設に関する業務を行うのに必要な資格

廃棄物の焼却施設に関する業務を行うのに必要な資格が3つあります。

  • 労働安全衛生規則 第36条 第34号
    廃棄物の焼却施設に関する業務に係る特別教育
    (ダイオキシン)
  • 労働安全衛生規則 第36条 第35号
    廃棄物の焼却施設に関する業務に係る特別教育
    (廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の保守点検等)
  • 労働安全衛生規則 第36条 第36号
    廃棄物の焼却施設に関する業務に係る特別教育
    (廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の解体)

です。

4時間の学科講習を修了することで、3つの特別教育が終了したことになります。

廃棄物の焼却施設に関する業務に係る特別教育【根拠法令】

ダイオキシン

ダイオキシン類対策特別措置法施行令別表第1第5号に掲げる廃棄物焼却炉を有する廃棄物の焼却施設(第90条第5号の3を除く)においてばいじん及び焼却灰その他の燃え殻を取り扱う業務(第36号に掲げる業務を除く)

廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の保守点検等

廃棄物の焼却施設に設置された廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の保守点検等の業務

廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の解体

廃棄物の焼却施設に設置された廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の解体等の業務及びこれに伴うばいじん及び焼却灰その他の燃え殻を取り扱う業務

資格取得に必要な講習時間

石綿使用建築等解体等業務特別教育の修了に必要な学科時間は4時間です。
(ダイオキシン・保守点検等・解体共通)

  • ダイオキシン類の有害性(0.5時間)
    ダイオキシン類の性状
  • 作業の方法及び事故の場合の措置(1.5時間)
    作業の手順
    ダイオキシン類のばく露を低減させるための措置
    作業環境改善の方法
    洗身及び身体等の清潔の保持の方法
    事故時の措置
  • 作業開始時の設備の点検(0.5時間)
    ダイオキシン類のばく露を低減させるための設備についての作業開始時の点検
  • 保護具の使用方法(1時間)
    保護具の種類、性能、洗浄方法、使用方法及び保守点検の方法
  • その他ダイオキシン類のばく露の防止に関し必要な事項(0.5時間)
    法、令及び安衛則中の関係条項
    ダイオキシン類のばく露を防止するため当該業務について必要な事項

資格取得に必要な講習受講料

石綿使用建築等解体等業務特別教育の修了に必要な講習受講料です。
(ダイオキシン・保守点検等・解体共通)

石綿使用建築等解体等業務特別教育講習受講料
コース 日程 教習機関A 教習機関B 教習機関C
4時間 1日 8,010円 9,900円 11,000円

最後に

低価格で取得出来る資格で講習時間も短いので気軽に取得出来る資格だと思います。
4時間の講習で

  • 労働安全衛生規則 第36条 第34号のダイオキシン
  • 労働安全衛生規則 第36条 第35号の廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の保守点検等
  • 労働安全衛生規則 第36条 第36号の廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の解体

の3つの特別教育が終了したことになります。

廃棄物の焼却施設関連商品

ダイオキシン類のばく露を防ぐ-特別教育用テキスト-が中央労働災害防止協会から990円で販売されています。

動画紹介

CityOfYokohamaさんのYOUTUBEに投稿している焼却工場紹介の動画です。