就職活動中に産業別で免許・資格・経験を調べていたら、フォークリフトと書いてある求人が多く、就職活動が有利になりそうな資格なので調べてみました。

このページには

  • フォークリフト運転の業務に係る特別教育とフォークリフト運転技能講習の違い
  • 講習時間の免除条件
  • 講習受講料

などが書いてあります。

フォークリフトを運転するのに必要な資格

フォークリフトを運転するのに必要な資格が2つあります。

  • フォークリフトの運転の業務に係る特別教育
  • (以後、フォークリフト特別教育と省略してる場合有)

  • フォークリフト運転技能講習

簡単な違いは最大荷重講習時間です。

最大荷重が1トン未満であれば、フォークリフトの運転の業務に係る特別教育
最大荷重が1トン以上であれば、フォークリフト運転技能講習
が必要です。

受講資格は18歳以上です。

フォークリフト資格の種類
フォークリフト特別教育 フォークリフト運転技能講習
最大荷重 1トン未満 1トン以上
学科講習 6時間 11時間
実技講習 6時間 24時間
修了試験 なし あり
証明書交付 事業所 厚生労働大臣が指定する機関
教習機関 事業所 都道府県労働局長登録教習機関

フォークリフト運転技能者の資格コードは4813です。

大分類E 運輸・通信関係
中分類48 自動車等車両運転・船舶運転
免許・資格コード 免許・資格内容
4813 フォークリフト運転技能者

根拠法令

フォークリフト運転の業務に係る特別教育

最大荷重一トン未満のフオークリフトの運転(道路交通法(昭和三十五年法律第百五号)第二条第一項第一号の道路(以下「道路」という。)上を走行させる運転を除く。)の業務

フォークリフト運転技能講習

最大荷重(フオークリフトの構造及び材料に応じて基準荷重中心に負荷させることができる最大の荷重をいう。)が一トン以上のフオークリフトの運転(道路上を走行させる運転を除く。)の業務

フォークリフト運転資格取得に必要な講習時間

フォークリフト運転特別教育カウンターフォークリフト

取得する資格と所持している免許、業務経験で講習時間が異なります。

フォークリフトの運転の業務に係る特別教育

フォークリフトの運転の業務に係る特別教育の取得に必要な講習時間は
学科6時間
実技6時間
の計12時間です。

フォークリフト運転技能講習

フォークリフト運転技能講習の取得に必要な講習時間は
学科11時間
実技24時間
の計35時間ですが、
所持している免許と運転業務経験で講習の一部が免除されます。

必要講習時間31時間

普通自動車
準中型自動車
中型自動車
大型自動車免許のいづれかを持っている場合、
学科講習の『走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識』4時間が免除されます。

必要講習時間15時間

フォークリフト特別教育修了後、フォークリフトの運転業務に6ケ月以上従事された経験がある場合、
実技講習の『走行の操作』20時間が免除されます。

必要講習時間11時間

大型特殊自動車免許を持っている場合
学科講習の『走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識』4時間と
実技講習の『走行の操作』20時間が免除されます。

普通自動車
準中型自動車
中型自動車
大型自動車免許のいづれかを持っていて
フォークリフト特別教育修了後、フォークリフトの運転業務に3月以上従事された経験がある場合、
(自動車免許+フォークリフト特別教育+運転業務に3月以上)
学科講習の『走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識』4時間と
実技講習の『走行の操作』20時間が免除されます。

フォークリフト運転資格取得に必要な講習受講料

フォークリフト運転技能講習サイドリーチフォークリフト

講習受講料は教習機関で違います。
自分の地域で2ヶ所受講料を調べたのを書いておきますので目安にしてください。

フォークリフトの運転の業務に係る特別教育受講料

フォークリフト運転特別講習
コース 日程 教習機関A 教習機関B
12時間 2日 15,800円 18,000円

フォークリフト運転技能講習受講料

フォークリフト運転技能講習
コース 日程 教習機関A 教習機関B
35時間 5日 38,500円 56,000円
31時間 4日 33,500円 51,000円
15時間 3日 17,500円 27,000円
11時間 2日 15,000円 23,000円

フォークリフトの種類

リーチ式フォークリフト

リーチリフトの特徴説明
リーチリフトの特徴は

  • 立って操作
  • 車体が小さく回転半径が小さい
  • 剛性、安定性が低い
  • タイヤの径が小さく、走行性能が悪い

などです。

カウンター式フォークリフト

カウンターリフトの特徴説明
カウンター式フォークリフトの特徴は

  • 座って操作
  • 車体が長く、回転半径が大きい
  • 剛性、安定性が高い
  • タイヤの径が大きく、走行性能が良い

などです。

最後に

短期間、低価格で取得できる資格だと思いました。
教習機関によって受講料の違いもありますが、実技講習の場所が屋内、屋外など設備にも違いがあります。
受講料だけではなく、講習環境なども教習機関を選ぶ一つだと思います。

フォークリフト関連商品

フォークリフト運転士テキストが中央労働災害防止協会から1,650円で販売されています。
オークションサイトなどでは中古で500円程で購入できます。(最新のものか確認が必要)

1番目の商品のフォークリフト資格取得体験記が
アマゾンUnlimited無料体験で無料にて30日間読むことができます。
32ページで読み終えるまでの平均時間は30分未満の商品です。

解約を忘れると自動更新で月額980円が発生するので注意が必要です。
こちらのページに解約方法が書いてあります。

動画紹介

鶴ヶ島自動車教習所さんのYOUTUBEに投稿しているフォークリフト運転技能講習の動画です。