9月3日から始めたスワップポイントのサヤ取りトレードでロスカット(損切り)したので結果報告です。

異業者両建でスワップポイントのサヤ取りのやり方はこちらです。

取引ルール

取引ルールは、
メキシコペソ/円(MXN/JPY)で取引業者Aで買い
メキシコペソ/円(MXN/JPY)で取引業者Bで売り
異業者で両建の取引です。

売買 スプレッド スワップ
取引業者A 買い 1.0Pips 10円
取引業者B 売り 0.2Pips -5円

異業者間の両建てによるスワップ差益は10,000通貨当たり1日+5円です。

取引履歴

メキシコペソ/円(MXN/JPY)新規取引履歴
建玉①
取引業者 約定日時 売買 数量 価格
A 9/03
21:49
買い 100,000 4.911
B 9/03
21:49
売り 100,000 4.907
建玉②
取引業者 約定日時 売買 数量 価格
A 9/4
20:12
買い 100,000 4.922
B 9/4
20:12
売り 100,000 4.919
建玉③
取引業者 約定日時 売買 数量 価格
A 9/7
18:37
買い 100,000 4.92
B 9/7
18:38
売り 100,000 4.918
建玉④
取引業者 約定日時 売買 数量 価格
A 9/8
19:48
買い 200,000 4.888
B 9/8
19:48
売り 200,000 4.886
建玉⑤
取引業者 約定日時 売買 数量 価格
A 9/10
20:05
買い 300,000 4.964
B 9/10
20:06
売り 300,000 4.96
建玉⑥
取引業者 約定日時 売買 数量 価格
A 9/11
19:20
買い 300,000 4.987
B 9/11
19:20
売り 300,000 4.982

決済日は09-23 18:36で、約定価格は4.807です。

メキシコペソ/円(MXN/JPY)取引結果
建玉①
取引業者 売買損益 スワップ損益 決済損益
A -10,400 1,600 -8,800
B 9,200 -935 8,265
建玉②
取引業者 売買損益 スワップ損益 決済損益
A -11,500 1,500 -10,000
B 10,360 -880 9,480
建玉③
取引業者 売買損益 スワップ損益 決済損益
A -11,300 1,200 -10,100
B 10,300 -880 9,420
建玉④
取引業者 売買損益 スワップ損益 決済損益
A -16,200 2,200 -14,000
B 14,200 -1,650 12,550
建玉⑤
取引業者 売買損益 スワップ損益 決済損益
A -47,100 2,700 -44,400
B 43,500 -1,815 41,685
建玉⑥
取引業者 売買損益 スワップ損益 決済損益
A -54,000 2,400 -51,600
B 50,100 -1,650 48,450

業者別損益
A -138,900円
B 129,850円

合計損益
-9,050円

最後に

様子を見ながら取引量を増やしていったのですが、スワップポイントが逆転してしまいマイナスになってしまったので
スプレッド分の差損分を回収できる前に決済しました。

最初に取引業者Bのスワップポイントが-5.0円から-5.5円になりました。
この段階でのスワップ差益が+4.5円だったので取引を継続しました。

その後、取引業者Aのスワップポイントが10円から5円になり、スワップ差益で-0.5円になってしまったので決済しました。

コロナショック後にスワップポイントの不安定な時期が続いていたのですが、最近は高金利通貨のスワップが上昇傾向にあったので取引を始めました。
全体的に上昇傾向にあったので差益が縮小することを想定していたのですが、
最高スワップ提供業者が最安スワップ提供業者になってしまうという展開は想定外でした。

他にも異業者両建てのできる通貨ペアがあるので様子を見て再開しようと思います。